T-400とCOTOHA Translator


仕事でコラムを書いて、それを英語版まで作成するというのをやっています。まずは日本語で書き、それを英訳するのです。

最初は全部英語で一から書こうかと思っていたのですが、最近はGoogle翻訳が賢いため、これに放り込んで翻訳結果を見て、気に入らなければ修正するという方法を取っていました。

とはいえ、面倒ではあるので、一発変換が出来ないかなぁ、と。で、まずはNTT系のCOTOHA Translatorを使ってみました。が、やはり契約書やマニュアルなどの硬い文章は何とかなるんでしょうけど、コラムのような文章は苦手であるということがわかりました。

で、ロゼッタ社のT-400です。1年半前にもデモを見せていただいたのですが、その時よりも精度が上がっているという触れ込みでしたので、今日、再度デモをしてもらいました。COTOHAと同じ文章を実際に翻訳してもらったのですが、精度的にはイマイチ。確かにCOTOHAよりはマシな訳をしています。でも、専門分野を選択すると略語を使いまくったりして、専門家しかわからない文章になってしまっていたり。

あと、コラムなので読みやすさ優先の日本語にしていますから、主語や述語がない文章などもてんこ盛りです。すると、そういう文章は結構誤訳が…やはりGoogleで翻訳したモノを、手で修正した方が早いか。

今月の歩数:12,460歩
今日の体重:71.9kg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください