秘密計算


大元のデータをとある関数で分割し、分割された値をバラバラに処理。その後、元に戻すとそれぞれのステージでは元の値がわからないのに、最終的にはきっちりと集計や分析された値が出てくるという、ちょっと面白い計算法です。今日、NTTのForumでいろいろと教えていただきました。(秘密計算

学習ログデータの集計なども、やはりそれが漏れると大変な事になりますので、こういった秘密計算や秘密分散などを通して計算を行うべきなんでしょうね。集計システムを作る際には、盛り込めるように設計してみようと思います。

今月の歩数:260,052歩
今日の体重:71.6kg