著作権保護期間の延長はやめて欲しい

通称「ミッキーマウス法」というのがあってですね…著作権保護期間は、以前、作者の死後50年というのが通常でした。それが70年に延長され、さらにアメリカではそれを再び延長できるようにしたわけです。これ、いい加減にして欲しい。

なんでこんなことを言っているのかというと、今、国語と英語の長文読解問題を作ろうとしています。そのためには何かしらの文章が必要なのですが、これを著作権切れの文章でやろうとしているわけです。

日本語は、青空文庫で著作権保護期間が切れたものを探せば良い。問題は英語で、翻訳者が生きているとかなると面倒なので、できるだけ著作権の切れた、作者が英語で書いていた文章が良いわけです。

今日のところは、コナン・ドイル、H.G.ウェルズ、E.R.バロウズあたりは著作権が切れていることがわかりました。問題はこれをどの様に使うかですね。

というか、下手に再延長とかされると、また著作権保護期間が切れないものが出て来てしまいますので、いい加減延長はやめて欲しいわけですよ。

今月の歩数:54,964歩
今日の体重:72.7kg