リアルのステータスを考える

ゲームでは「ステータス」という概念があります。よくあるのは「HP(ヒットポイント)」「MP(マジックポイント)」ですが、少なくともリアルな人生ではMPはない。

むしろそれ以外のステータスを考えています。例えば力強さを表す「STR(ストレングス)」、頑強さを表す「VIT(バイタリティ)」、素早さを表す「AGI(アジリティ)」、精密さを表す「DEX(デクステリティ)」、そして賢さを表す「INT(インテリジェンス)」など。

例えば、これらを社会人スキルとして当てはめるとどうなるんだろう?と考えているわけです。すくなくとも、いろんな学習を行う上で、ゲームっぽくすれば、もしかしたら楽しく勉強ができるかも、と。

INTは語彙力とかでも良いかもしれない。DEXは細かいことまで気が付くかどうか。AGIはなんだろう…短時間で判断できるかどうか、か?

でもVITとSTRはわからんなぁ…VITはストレス耐性でもいいかも。STRは…そうか、INTを論理的思考力とし、基礎的な語彙力としてSTRを設定するというのも良いかもしれない。

ほかにも「ATK(アタック)」はプレゼン力とかね。

もう少し、整合性を取りながら考えてみよう。

今月の歩数:20,493歩
今日の体重:71.4kg