第59話 Gたたき

相方の

「出たっ!」

の声に、何が出たんだろうと見てみると…黒いヤツ。そうGです。でもなんとなく作りものっぽい。それが床を歩いている。

「さっきも処理したところやのにー。今日はどうなってるん?」

とぶつぶつ言う相方。仕方が無いので、私も協力して、はえたたきみたいな棒を持ってきて、ぺしっ!と叩きます。叩くと、そのままくるっとひっくり返って動かなくなります。それをほうきとちりとりで集めて、処理します。

ところが…

そのあと、再びGが。またぺしっと、叩いて処理します。再び、今度は壁にG。これもぺしっ。ふすまにもG。これもぺしっ。

次から次へと出てくるGを、ぺしぺしと叩きまくって、処理していきます。なんかもう、モグラ叩き状態。なんだこれ?

最終的には何匹叩いたのか分からないくらい、叩きました。んー、これって夢判断では何なんだろう…?

 

今月の歩数:214,474歩
今日の体重:67.7kg

第58話 震度10?!

あらかじめ断っておきますが、日本では震度は7が最高です。それ以上はありません。

で、相方と近所のスーパーへ買い物に行く途中、コンビニを過ぎたあたりで、ものすごい地震に襲われました。立っていられないほどで、かなりの強さ。

「これは震度6強とか、そのレベルかなぁ」

などと話していたら、NHKのニュースでは、大阪で震度10だとか言っています。えー、そんなに大きいのかー。ということは東南海地震クラスかー。遂にやって来たんだなぁ。

などと思いながら観続けていると、震度を一通り紹介した後、アナウンサーが

「では続いてスポーツです」

とか言って、華麗に震度10とか、どういう状況になっているのかとかを、スルーしてしまいました。なんじゃそりゃ?! いやいや、こんな大きな地震だったら、ちゃんと、現地と繋ぐとか、他のものは全部キャンセルして地震の話題にするだろ。もしかして、

「東京じゃないし、関西のことなんか知ったこっちゃねーや」

って事なのか? ふざけんな! と内心怒りまくり。でも、NHKのアナウンサーは、スポーツコーナーを終え、最後に天気予報をやって、終わろうとします。

そして、番組終了の挨拶という段になって、スタジオが猛烈な揺れに襲われます。それこそ、セットがぶっ壊れるほどの揺れ。そしてそのままニュース番組終了。

「地方のことなんてどうでもいいじゃん」

って態度を取ったから罰が当たったんだろうなぁ、と相方と話していました。いや、あくまでも夢の話なんですけどね。ちなみに、その後のニュースでは首都直下地震の震度は32とかいう、もう訳の分からん数字が画面に出ておりました。

 

今月の歩数:100,219歩
今日の体重:68.6kg

第57話 お小言

安倍総理の演説会か何かに出席していた私。休憩に入ったときに、隣の休憩室にお茶をもらいに行き、ふと、隣にいた人に声をかけました。

「あの説明じゃわからんよなぁ」

すると、後ろから声をかけられました。

「分からないですかねぇ」
「そりゃそうですよ」

と言いながら振り返ると、そこには安倍総理が。

「安保法案の説明が、杜撰すぎます。いろんなものが混じってる上に、『私が言ってるんですから』じゃ、はなしにもなりません。それに武器使用の話が決定的にダメです。あんなもの、国民の理解を得られるはずが無いじゃないですか」
「武器使用って、そんなにきついですかね?」
「そりゃそうですよ。だって、国民は日本が武器を使用するという認識がないですよ。武器があるという認識だってあやしいかもしれないのに。」
「そんなこと言ったって、自衛隊は武器を持ってますよね。」
「そもそも、武器の定義が曖昧です。例えば、包丁だって、使い方によれば武器になります。でもあれは民生品で、本来は武器じゃないですよね。そういうものまで含めて、武器を使うっていうコンセンサスが国民にない。だって、9条でダメってされてるんだから。解釈で変えたってダメなんですよ。」
「解釈でこれまではやって来たじゃないですか」
「だから、本当は、ちゃんと憲法改正をやらなきゃダメなんです。その上で、憲法に武器の定義と使用についてちゃんと明記する。そうしてようやく安保法案の、特にグレーゾーンあたりが通せるんですよ。アメリカ軍と一体でなんて、今のままじゃ通るわけがない。説明が足りなさすぎです」

みたいな小言をずーっと言い続けていました。なんでこんな夢を見たのかは不明。ついでに、ロジックが通った話になっているかも不明、というよくわからん話になっていましたけどね。

なんか、欲求不満なのかなぁ…

 

今月の歩数:12,657歩
今日の体重:69.4kg

「コビトの手」開発着手

「夢の中で一所懸命仕事したのに、目が覚めたらやっぱり一所懸命仕事しなけりゃいけない。理不尽だ!」

と思ったことがあるのはヤン・ウェンリー提督だけではないと思います。

株式会社アーガスは、夢の中での仕事の成果を現実化し、仕事の成果として加算できるようにするソフトの開発に着手すると発表しました。タイトルは「コビトの手」で、ナーブギア、アミュスフィア対応です。

具体的には、今後発売予定のナーブギア若しくはアミュスフィアにインストールし、これをかぶったまま眠ると、夢の中の仕事を記録し、書類であれば内容を印刷可能で、造形物を作っていた場合は3Dプリンタで出力可能というものです。
もし企画を練っていたのであれば、その内容がテキストファイルとして、指定しておいたフォルダに保存されます。

発売は2022年の予定。7年先と言わず、今すぐにでも欲しいアイテムですね。

図:7年後に発売予定のナーブギア

 

第56話 いろんな生き物がやってきます

相方と庭で作業をしていると、いろんな生き物がやって来ます。セミが来たりするのはもちろん、スズメなんかも時々やって来ます。

今日は柵のそばでゴソゴソしていると、はらはらっと緑色の紅葉の葉っぱが落ちてきました。

「あー、紅葉の葉っぱだ。あれ? ウチの庭、紅葉なんて植えてないけど、どこからやってきたんだろう?」

そう思って拾い上げようと手を伸ばすと、

ぴょん!

と跳ねるではありませんか! 一体何事? とよくよく見てみると、なんと紅葉の形をしたバッタでした。

「なーなー、こんなバッタが!」
「あー、おるでー。ウチもこないだ初めて見たけど」
「そーなんやー」

と相方の話に感心してしまいました。

その後、家に入り、庭の方を見ていると、どこからともなく

チュイチュイチュイ

という鳥の鳴き声が聞こえてきます。んー、これはなんだっけ…?

「なー、この鳴き声って、なんって言う鳥やったっけ?」
「あー、これはミツスイやなー」
「そんなんがおるんやー」

すると、庭に全身が黄色い極楽鳥のような鳥がやって来て、花の蜜を吸い始めたではありませんか。

「なー、あれって…」
「あー、これがミツスイ」
「あ、ほんまや。『チュイチュイチュイ』って鳴いてる!」

そこで目が覚めました。このチュイチュイ鳴く鳥は、おそらくメジロ。家の周りでは朝よく鳴いているので、どうも夢の中にまで干渉してきたようです。しかし、一体どこから紅葉型バッタとか、ミツスイなどという鳥が我が家にやって来るという話になったんだか…

 

今月の歩数:76,552歩
今日の体重:68.9kg