HR EXPO

やはり東京の展示会は大阪とは違いますね。インテックス大阪で行われた「HR EXPO関西」にも行ったことがありますが、東京の方は出展社数が3倍以上、熱気も全く異なります。まぁ、これじゃあ関西は沈没していく一方なのもわかりますね。

というのはさておき、今日は東京ビッグサイトで巡回です。そして11時くらいから回り始めたはずなのに、何社か情報交換をしてふと気がつくと、もう13時。

こりゃいかん、ペースを上げなくては!

と上げたはずなのに、全体の4分の1を回っただけでタイムアップ! 全然時間が足りないじゃないか。これはいかんなぁ。明日は社長が行くようなので、追加で情報交換をしてきてもらおう。というか、私が回りきれなかったところも行って来てもらおう。

 

今月の歩数:89,459歩
今日の体重:72.1kg

さてと、次は来週末

明日まで東京です。今週は濃密な1週間でした。いやはや、疲れたわ。

で、明日は説明会をやって、東京ビッグサイトで開催されている「HR EXPO」へ行って、品川駅で夕方に打ち合わせをしたら滋賀に戻ります。あー、いけね。明後日締め切りの原稿を書かなきゃ。

 

今月の歩数:78,493歩
今日の体重:未計測

打ち合わせ三昧

朝から計4件の打ち合わせ。そのうち一つは社内会議ですが、それ以外は全て来客で、最も長いものは2時間でした。まぁ、実りのある打ち合わせだったので良かったのですが、さすがに疲れましたね。

明日はビッグサイトで始まるHR EXPOに行こうかと考えていましたが、これ、明後日でも良いことに気がついたので、ちょっと予定を変更するかも。明日の午前中にいろいろと調整しましょう。

 

今月の歩数:75,941歩
今日の体重:未計測

やっぱりブックオフにはないか…

ちょっとマニアックな本を入手したくてブックオフの新宿西口店や新宿東口店へ行ってみたのですが、残念ながらありませんでした。まぁ、中古には出回らないかなぁ…

というわけで、仕方が無いので新宿東口の紀伊國屋書店で購入。ものはMicrosoftの「Power BI」の使い方について説明した本です。これ、Microsoftの公式サイトを見ながらやってみたのですが、どうやってもデータを読み込んでくれなくてですね、使い方がよく分からなかったのですよ。ですので、これまではExcelのVBAマクロとピボットテーブルで何とかしていたのですが、もうどうしようもなくなってきてですね…毎度毎度マクロを書くのも面倒になってきましたので、何とかピボットテーブルはまぁ良いとして、VBAを避けられるようにと、「Power BI」を活用する方針に切り替えたのです。

明日以降で、この辺を勉強して、楽ができるようにしようと思います。

 

今月の歩数:72,047歩
今日の体重:未計測

「工作艦間宮の戦争」

ようやく読了です。

「工作艦間宮の戦争」
 谷甲州著
 早川書房刊

新・航空宇宙軍史シリーズの2冊目です。2099年に始まった第1次外惑星動乱から40年後、土星の衛星タイタンを中心とする外惑星連合と地球-月系との戦争が再び始まったという設定の物語です。

前巻の「コロンビア・ゼロ」では戦争に至る前段階の物語が中心となり、外惑星連合軍による地球衛星軌道への奇襲攻撃による開戦までが描かれていましたが、今回は少し時間が先に進んでいます。初戦で大損害を受けた地球-月系が、その工業力で何とか外惑星連合に対して巻き返しをするための戦略が描かれています。このシリーズは基本的に技術者の視点から戦争を描くことが多いため、今回も損害を受けた宇宙船を短期間で戦線復帰させるための方策などが示されています。

とはいえ、外惑星連合軍に「意外と戦果が挙がっていなかったのでは?」というショックを与えるために、大きな被害を受けた艦隊を完全に修理するのではなく、安全基準を引き下げることで現場に戻すという考え方は、大変危険なものかもしれません。気密漏れを完全に直すのが無理なら与圧区画として使用しないとか、構造体が毀損したために本来の重量を支えきれないのであれば装備を減らして構造体が耐えられる重量に抑えるとか、付け焼き刃もいいところ。確かにそういう手もあるのだろうとは思いますし、前線だと完全な修理を期待するのは無理なのも解りますが、全ての艦船でこれをやってしまうのは、数の割には戦力として計算ができないというか、能力不足でまともな作戦行動を取れない可能性が残るので、あまり使いたくはない手ですね。

興味があるのは、奇襲攻撃を受けて真っ二つに折れてしまったという航宙艦タウラスを戦線復帰させた方法です。どうやって復帰させたのかが出てはいませんでしたので詳細は不明なのですが、可能性としてはエンジンを搭載した後方部分を修理し、前方はほぼ張り子の虎状態でくっつけるとかでしょうか。もちろん戦闘機動なんかをしようものならすぐに船体が破断してしまうでしょうから、低加速で何とか対処可能な後方支援や情報処理系の艦として運用するという方法ですかね。

次巻でどの様になるのかが楽しみです。

 

今月の歩数:62,878歩
今日の体重:未計測