ウルトラマン&ウルトラセブン


1.ニュース

 「ニュースの時間です。先日、大阪市内に出現した宇宙人に向かってウルトラ警備隊が発砲した事に対し、この度大阪市がTDFに対し、正式な抗議を致しました。これにより、TDFが抗議を受けた地方自治体は、全部で十四団体となりました。」
「今度の抗議は、大阪市長の名前でなされ、”建物の密集した地域での発砲の禁止”を始め、”民間人誘導の優先”など、全部で8項目に分けてなされました。これに対しTDFでは”市街での発砲は非難されて当然だ。しかし、隊員達も必死になって頑張っているので、市民の皆さんも理解して欲しい”と大阪市民に呼び掛けました。」

2.後始末

 隊長「皆、よく聞いてくれ。今回は長官直々の命令だ。」
それを聞いたウルトラ警備隊の面々の表情が曇った。
隊長「実は我がウルトラ警備隊に、今大変な事態が起こっている。」
フルハシ「今度は一体何なんです?前は山の木々を燃やしたら地崩れが起こったっていう、付近住民からの苦情でしたけど。」
隊長「うむ、諸君はこの間のボーグ星人の一件を覚えていると思う。どうやらあの時熱ミサイルで水を蒸発させてしまった旭沼は、釣りの名所だったらしい。」
アマギ「という事は、今度は釣り人達からの苦情ですか?」
隊長「そうだ。それとあと、自然保護団体と動物愛護協会からだ。」
アンヌ「そう言えば旭沼は日本百景の一つですわ。」
隊長「長官はそれを憂慮し、旭沼を元通りにせよという命令を我々ウルトラ警備隊に出したんだ。」
ソガ「そんなもの養殖屋さんにでも任せれば良いものを・・・」
隊長「まあそう言うなソガ。宇宙人を倒すのも我々の任務だが、かと言って自然を破壊して良という訳ではない。」
ダン「一理ありますね。」
隊長「よし、ではダンとアンヌはホーク1号で円盤の残骸の片づけ、ソガとフルハシは魚の放流と養殖場の設置、アマギは私と水溜めと水質改良だ。魚はもう届いているそうだ。皆行くぞ!」
皆「ふぁーい。」
ウルトラ警備隊の尽力により、1ヵ月で旭沼は元通りに戻った。だがまだ雪崩で崩壊したスキー場の復元が待っている。彼らはこのまま第二の自衛隊となってしまうのか?頑張れTDF!負けるなウルトラ警備隊!未来は君達にかかっているのだ!!

3.ニュース 2

 「ニュースの時間です。今朝未明大阪市内で酒に酔ったTDF隊員が数人で、『阪神優勝ばんざい!』と叫び、食い倒れ人形を抱えて道頓堀に飛び込むという事件が発生しました。この日は在阪球団である阪神タイガースが21年ぶりに優勝した事もあり、多数のファンが道頓堀に飛び込みましたが、市民からは『こんなんで大丈夫なんやろか?』という不安の声があがっています。」
「これに対しTDF首脳部は、『隊員もファンには違いないので、規制は出来ない。ただ注意と後は本人達の自覚次第です』と渋い顔で、歯切れ悪く答えました。」

4.宣戦布告

 ここは科学特捜隊指令室。常に宇宙空間及び地上の状態を映し出し、事件の発生を素早くキャッチする大スクリーンには、今とあるTVスタジオが映し出されていた。
「うう、やっぱり大スクリーンは迫力が違うな。あっそれ、しっずかちゃーんっ!」
「こらっイデ、アラシ、お前ら、何をしている!」
とそこには腕を組み、凶悪な顔をした隊長の姿があった。
「あっ隊長、すみません、つい出来心で・・・」
「すぐに元に戻しますから・・・」
「ばかもん!工藤静香が出てるんなら何で早く言わないんだ。俺は自分の部屋の16インチで見てたんだぞ!あっそれ、しっずかちゃーんっ!」
その時いきなり画面が乱れ、どこぞの宇宙人のアップが映し出された。
「〒*@$#%☆★。/=¥¢£!→§※△▽◎□∞∴○●◇◆△▼?!」
「なっ何だ、こいつは?」
彼らが度肝を抜かれ、目を丸くしていると、指令室の扉が開き、ハヤタ&フジ両隊員が姿を現した。
「大変です隊長。宇宙人による電波ジャックです。」
「そうです隊長、あいつらこの地球に宣戦布告してきたんです。」
それを聞いた三人の顔に怒りが浮かんだ。
「何?宇宙人!」
「許せんっ!宣戦布告でも何でもいいから、早く画面を元に戻せ!」
「そうだそうだ!静香ちゃんが見れないじゃないか!」
「あのねぇ・・・・・(×2)」

5.ニュース 3

 「最後にほのぼのとしたニュースです。この度、TDFは”子ども一日隊員”として、小学6年生までを対象に、体験入隊を行う事と決定しました。
これはTDFの仕事を子ども達にも体験させて、何かを学んでもらおうという企画で、一般の子ども達は喜んで自分の名前や住所を記入した募集用紙を提出しています。中には『息子にせがまれて』と笑いながら募集用紙を出しに来たお父さんまでいました。
しかし一部には、『子どもを使ってまで、反感をなくしたいか』という市民もいました。」