第3回 原石研究会


いやはや、もうバタバタでしたが、本日、ODCC主催の原石研究会がありました。今日は私ともう一人、日東電工の方がスピーカー。

まずお断りしないといけないのは、日東電工の方のお話しは、まだここでは書けません。約束なので仕方が無い。これはたぶん今月末には書けるようになると思いますので、そこまでお待ち下さい。
ただ、一つだけ話をするとすれば、映像作家として協力しますという話をしてきました。ですので、彼らの作っているデモ用装置をお借りすることが出来る様になります。

さて、あとは私の話。

1つ目は「デジタル・ドームシアター」プロジェクト。要は最近流行のビデオプロジェクターを使ったプラネタリウムなんですが、あれを天文系の映像にしか使わないのはもったいない!というものです。
出来ることなら世界遺産とか、いろいろ体験する映像とか、宇宙が出て来ない映像を観てみたい。そういうのは科学館では出来ないので、そういう専用のシアターが欲しいというもの。

特に今日は、コンテンツの不足を何とか出来ないだろうか?という相談を持ちかけました。CGの作り方や実写映像の撮影方法は私がノウハウを持っていますので、その辺はタダで教えますし。

2つ目は「衛星データ活用」プロジェクト。JAXAの陸域観測技術衛星「だいち」を始め、経済産業省のASTERデータなど、活用されずに眠っているデータがたくさんあります。これを何とか活用出来る方法を考えて欲しいと、JAXAの担当者や内閣府の参事官(当時)から相談され、ずーっと何か出来ないか考え続けてきたわけで…

今日は、すぐにでなくても良いから、何か思いついたモノがあったら言って下さい、と。

3つ目は今やってる、月の縦孔探査ネタ。これもすぐには無理だろうから、興味があったら声かけてね、と。ゲームで使いたいとかあれば、私が研究者との間に入って、交渉しますよ、と。

あー、どれか動いてくれると良いんだけどなぁ…

ちなみに、その後の飲み会で、(たぶん)月刊 大阪コンテンツ新聞(仮称)という業界新聞を発刊することが決まったような気になってます。いや、私も記事を書かないといかんかもしれんのですけどね。

 

今月の歩数:69,319歩
今日の体重:67.7kg