琵琶湖の蜃気楼

本日、滋賀県大津市は良く晴れました。そして風もそんなに強くなく…まさに蜃気楼日和!ということで、午前中から相方と一緒に自転車で琵琶湖岸へ行って来ました。

まずは膳所城址公園へ。ここから近江大橋の下をすかして対岸を見れば、蜃気楼が出ているかどうかを簡単に判定…できないなぁ…。黄砂の影響なのか春霞なのか、やたらと視界が白い!白すぎる!対岸がほとんど見えないんですけど…この調子だと、琵琶湖大橋が見えるかどうかもあやしいなぁ…

と思いながら由美浜から大津港の方へ移動。時刻は11時頃。なんとなく琵琶湖大橋の変形が始まっているように見えるけど、まだ完全じゃ無い。そしてちょっと風が強くなってきたので、一旦、早い目の食事に。

食事後、12時半くらいから再度、大津港の辺りに移動し、琵琶湖大橋を見てみると…

 

 

 

 

 

 

ちゃんと出てるよ!琵琶湖大橋がZ字型に変形していました。これですよ、これ。視界は相変わらず白いし、船やヨットは多いし、目の前をウォーキングの人がひっきりなしに行き来するけど、何とか撮影できましたよ。

 

 

 

 

 

 

そして、遠くのヨットも大きく変形しています。なんか、びよーんと縦に伸びている風船?みたいなものが見えていますが、実はこれ、引き延ばされたヨットの帆です。琵琶湖大橋もものすごく高いところを通っている様に見えますし、橋脚も相当の高さがあるように見えますが、実際の高さの3倍くらいに引き延ばされています。写真の右端の方に、橋が2重になって見えているところがありますが、実は下の方が本来の高さで、上は蜃気楼です。まぁ、下も若干高さは変わっている可能性もありますが…

とりあえず、今年の初蜃気楼を撮影できましたので、ちょっと満足。あとはGW中にもう一回くらいは見てみたいですね。

 

今月の歩数:159,066歩
今日の体重:未計測