関西教育ICT展

昨年は出展社だった関西教育ICT展。今年は参加者として行ってきました。

展示企業の数は昨年とほぼ変わらず。そして人出は若干多いような気もしますが、やはりEDIXと比較すると少ないですね。むしろ、展示企業への売り込みばっかりをやって来ました。いや、売り込みするしかないというかさ、本来は彼らが買って欲しいんだろうけど。

まぁ、幾つかの企業と協業出来そうな話が出来ましたから、来週はそのあたりの初回打ち合わせ大会になりそうな感じです。というか、8月中はそういう感じになるのかなぁ。

 

今月の歩数:35,219歩
今日の体重:69.7kg

天文教育普及研究会 近畿支部会

京都大学にて表題の研究会が行われました。朝10時半から18時半という、非常に長時間の研究会で、実はもうへべへべというか、完全に疲れ切ってしまっております。

今日のテーマは「天文教育にSNSをどう活用するのか?」という話でした。Twitterの歴史に関する話があったりと、ちょっと面白いネタがありました。もちろん、普段使っている人からすると当たり前の内容がほとんどだったのですが、教育普及現場の大多数の人からすると、かなり新鮮な話題が多かったようで、盛況でした。

まぁ、面白かったのでいいかなぁ。さすがに疲れまくりましたけど。

 

今月の歩数:13,481歩
今日の体重:67.7kg

地学教育学会

母校である大阪教育大学天王寺分校で地学教育学会が開催されるということで、あべのハルカスを確認するのと併せて、久しぶりに行ってみることにしました。

今回は午前中の研究発表と、午後からのパネルディスカッションを見てきました。
印象に残った発表は、Mitakaを使って、地球から見た金星の満ち欠けを確認するという方法。これはたぶんステラナビゲーターとか、ステラシアターでも出来るんじゃないかな? と思ってステラシアタープロで調べてみましたが、残念ながらこれでは確認出来ず。
やっぱりMitakaでないとダメなのか…

午後からのパネルディスカッションは、指導教官だった福江氏が司会。うん、まぁいろいろと面白かった。
「地学を一言で言うと?」
「地学を目指したきっかけは?」
「地学の好きなところ」
「地学の嫌いなところ」
「地学を教えていて食いつきの良いところ」
「地学を教えていてダメだったところ」
という質問を、大喜利形式でパネラーが答えていきます。6人のパネラーにはウケを取ることも求められましたが、皆さん真面目でしたね。まぁ、福江さんの司会が真面目なんだから、仕方が無いと言えば仕方が無いんですが。

個人的にウケたのは、「地学の好きなところ」の答えの一つで、
「ハンマーを持った、かっこいい自分
(ただし、一般人にどん引きされる寂しさもある)」
でした。わかる、わかるぞ! たぶんBUMP OF CHICKENあたりに歌ってもらえれば、印象も変わるんだよ。彼ら、天文学関係のネタが多いけど、今度は地質系も書いてもらおうよ!

あー、そうか。ここまで書いていて思いついた。たぶんBUMP OF CHICKENに月の縦孔の歌を作ってもらえば良いんだ。そうすりゃそれにかこつけてサインももらえたりするんじゃなかろうか? うん、それはありかもね。

ちなみに、あべのハルカスはただの高いビルでした。つまらん。

あと、久しぶりに日本橋も寄りましたが、ずいぶんと雰囲気が変わっていて、ちょっとびっくりでしたわ。

今月の歩数:202,384歩
今日の体重:67.9kg

原石交流会プロジェクト 第2回会合

という、ODCCという団体が主催している会合に行って来ました。これは、

「ネタはあるんだけど、作るだけの技術が無い」
「商品はあるんだけど、売り方が分からない」

など、埋もれているものを掘り出し、アイデアをくっつけるなりしてヒット商品を生み出せたら、という会合です。先週金曜日のメンバーとかぶっておりまして、

「何か喋って下さい」

と言われたので、喋ることにしたわけですが…昨日の帰りの電車の中では

「e-GOALシステムを使ったe-Learning」
「デジタル・ドームシアター」
「東大阪中小企業×博物館・科学館」
「JAXA観測衛星データの画像を使った教材開発」
「月の縦孔探査アウトリーチ」

のうちのどれかを喋るつもりでTwitterとFacebookに書いたのですが、その後、急遽別のネタにしました。それは

「FCS(First Contact Simulation)をベースとしたコミュニケーション学習ゲーム」

というものです。FCSについてはCONTACT Japanのサイトを参考にしていただくとして、コミュニケーションというのはものすごく難しくて、ある文字や単語をどの様な物に割り振るのか?にはルールがあり、そのルールをキッチリと把握し、共有しないとうまく意思疎通は出来ないんですよ、というのを学ばせたいわけです。

そこで、例えば絵文字のみでメッセージを送るLineのようなアプリをつくったらどうか、と。どの絵文字をどういう意味に割り当てるのか、絵文字を組み合わせることで複雑な意味を生み出していくという遊びを通じて、少人数でのコミュニケーションを楽しんでもらっても良いし、他の人に暗号クイズみたいなものを出しても良いな、と。

これにより

1.コミュニケーションには共通のルールが必要
2.他の集団のルールと一致しているとは限らない
3.なので、意思疎通にはルールのすりあわせというか、相手のルールを理解することが必要

というのを体感し、理解できるようなものを作りたいなぁと考えています。考えているだけではダメで、もう10年もほったらかしているので、そろそろ本格的に何とかしようと思ったわけですね。さぁ、誰かに作らせよう。

 

今月の歩数:267,643歩
今日の体重:67.3kg

アースビュー・デモ

JAXA相模原キャンパスで、国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」暴露部に設置されたハイビジョンカメラによるシステム、通称「アースビュー」のデモを見てきました。基本的には日本宇宙フォーラムさんが、文部科学省の

宇宙利用促進調整委託費

を使って整備したシステムです。暴露部にSONYの民生用ハイビジョンカメラを2台、直下と左10度に傾けたカメラの2台を設置し、リアルタイムで地球の様子を撮影・視聴できるようにしたシステムです。

最も広角で350km×200kmが映るそうです。最も望遠側で10倍ズームですので、35km×20kmが映ることになります。このクラスだと、解像度はともかく、サイズとしては陸域観測衛星「だいち」と同じ画角になりますよね。雲の様子がきれいに映し出されていますし、「だいち」の様に3色合成だのなんだのの処理をしなくてよいので、大変使い勝手が良さそうです。

あとは観測リクエストの手順とか、過去に撮影したもののライブラリ化などの手順などが気になるところです。まだ少し足りないところがあると思いましたので、少し意見を出してきました。

というかですね。本来、今日のデモはJAXAの宇宙教育センター向けのデモであったはずで、私は部外者なんですよね。部外者なのになぜかそこにいてデモを見て、しかも質問したり意見を言ったりしているという、なんだか妙な状況になっておりました。まぁ、担当の方が実は「きぼう利用推進室」にいらっしゃった方で、その昔、意見交換を行ったことのある方でしたので、やりやすかったのも事実なんですが。

何とか、教材化の道筋を考えて、提案していきたいと思います。

 

今日の歩数:12,752歩(12月合計:209,729歩)
今日の体重:67.9kg