NTT R&Dフォーラム2018(秋)

今日はNTTの武蔵野研究所で行われていたフォーラムに行って来ました。要は、NTTが研究している技術を、研究者自らが説明してくれるという一般公開みたいなもんです。これ、もちろん招待が必要で、勝手に行って見られるわけではありません。

というわけで、私は毎度の事ながら、NTTコミュニケーションズの方に誘っていただいて行ってきました。

今回は、複数の人間で喋っても、特定の人の声だけを抽出する技術とか、向こうが透けて見える電池とか、そういうのを見てきました。電池の方はどうやら、昨日のトレたまで紹介されたようで、人が結構集まっていました。私もネットのニュースで読んでいましたので、実物を触らせてもらい、且つ、写真も撮らせていただきました。

透けてるだけでなく、曲げられるし、面白い技術です。しかも充電可能な二次電池。もう少し透明度が上がると、もっと楽しくなりますね。

 

今月の歩数:254,547歩
今日の体重:72.1kg

宇宙人をさがす冴えたやり方 -沈黙のフライバイ-

今日は会社を早退して、これを観に行ってきました。

「宇宙人をさがす冴えたやり方 -沈黙のフライバイ-」

来月から大阪市立科学館で上映されるプラネタリウム番組です。んー…プラネタリウムと言って良いのかどうかは微妙…

これ、原作があります。それは下記です。

「沈黙のフライバイ」
 野尻抱介著
 早川書店刊

原作は読んでいただければわかるのですが、元々は恒星間航行を行う際に自分の位置を確認するための信号システム、つまり恒星間空間でのGPSである「IPS(Intersteller Positioning System)」を使いたくて書かれたファーストコンタクトの物語です。
とにかく相手の恒星系に、自分の寿命が尽きる前に到着し、何らかの情報を返してもらおうと思ったら、3~40年で向こうに到着しないといけない。

でも今の人類の技術だと、最も近い恒星まで宇宙機を飛ばすのに60000年ほどかかってしまいます。じゃあどうするか?
重たい宇宙機を飛ばそうとすると予算がいくらあっても足りない。でも軽い宇宙機だと加速しやすい。例えば、1gの宇宙機だと、今の人類の技術でも高速の15%くらいならなんとかなる。しかも小さいんだから、数撃ちゃ当たるで10000機くらい飛ばせば良い。そうすれば半分くらい壊れても5000機はちゃんと到着する。

ぶっちゃけた話をすると、そういうネタなんですよ。それをプラネタリウムの30分でやる。当然、原作が書かれたのは2007年で、今と若干違うところは、更新する。

そういう方針で、しかも今回は実写ドラマとしての展開。プラネタリウムの番組で実写ドラマというのは、1996年に五藤光学が制作した菅野美穂主演の「TANABATA2057」以来かな。まぁウルトラマンってのもあったけど、あれは俳優出てないし。

今回の登場人物、野嶋孝司役は御竹龍雪氏。「いつもは時代劇なんですけど、今回は博士です。」とのコメント。

もう一人の登場人物、瑞城弥生役は濱口奈菜さん。「子どもの頃からプラネタリムが大好きで、ここに住みたいと言ったことも。自分が登場できるようになるとは思ってもみませんでした。」とコメントしていました。

ストーリーはある程度原作をなぞっていますが、そのままではありません。どう料理されているのかは楽しみにしていただくとして、まぁ、それなりに良く出来てるんじゃないでしょうか。ただ、出来れば後の方の席で観ることをお薦めします。
また、星空の映像は少な目なので、「プラネタリウムの星空」を期待して行くと、ちょっと外れるかもね。

 

今月の歩数:294,053歩
今日の体重:68.5kg

第4回 月と火星の縦孔・溶岩チューブ探査研究会

今日はこれに参加です。

とりあえず、朝起きて宿の部屋のカーテンを開けると、こんな光景が目の前に広がっていました。

いやぁ、晴れていると映えますなぁ。この富士山を河口湖駅でも撮影しなきゃいかんなぁと思い、会場である中央公民館に向かう途中に撮影しました。

さて、こうして到着した河口湖町中央公民館。やって来るのは2年振りです。なんか、今後も2年に一回はここで研究会開催となったらどうしよう…(汗)。関西からはアクセス悪いんですよね~。

研究会の話に戻しましょう。午前中は海外からの研究者も迎えて、英語でのセッションです。一人目はアメリカのUSGS(U.S. Geological Survey)の研究者。主に火星の溶岩流を研究している方です。
それに続くはESAの研究者で(たぶん)フランスの方。(たぶん)というのは、英語がフランス語なまりだったからですw

午後からは日本語のセッション。一人10分という、超タイトなスケジュール。思った通り、予定されていた休憩時間は全くなしという、ノンストップ運営になりました。新しい話題がなにかあったのか? と言われると、ちょっと微妙。だいたい、去年の宇科連とあまりかわらんというか…

帰りは17時に河口湖町を出発して、まずは三島駅へ。

ちょっと雲が出て来ましたが、それでもこの大気波が作り出す波々の雲と富士山がかっこいいですね。バスの中から撮影してみました。

あとは三島駅から「こだま」と「のぞみ」を乗り継いで帰ってきました。河口湖町での滞在時間は20時間程度でしたが、まぁ、中身の濃い1日でした。

ちなみに、河口湖駅には鉄道娘の「大月みーな」のスタンプがあり、これもゲットしてきました。

 

今月の歩数:89,648歩
今日の体重:66.9kg

天文教育普及研究会 近畿支部会

京都大学にて表題の研究会が行われました。朝10時半から18時半という、非常に長時間の研究会で、実はもうへべへべというか、完全に疲れ切ってしまっております。

今日のテーマは「天文教育にSNSをどう活用するのか?」という話でした。Twitterの歴史に関する話があったりと、ちょっと面白いネタがありました。もちろん、普段使っている人からすると当たり前の内容がほとんどだったのですが、教育普及現場の大多数の人からすると、かなり新鮮な話題が多かったようで、盛況でした。

まぁ、面白かったのでいいかなぁ。さすがに疲れまくりましたけど。

 

今月の歩数:13,481歩
今日の体重:67.7kg

宇宙科学技術連合講演会 第3日

宇宙科学技術連合講演会がようやく終わりました。疲れた…

でもまぁ、何とかUZUMEの発表もパネルディスカッションも乗り越え、アウトリーチセッションで鳥取大学や島根大学の方々と有意義な意見交換ができました。今後もいろいろと共同でやっていけそうな感じです。

でも、とりあえず今日はもう寝ます。さすがにガタガタなので。

 

今月の歩数:144,988歩
今日の体重:未計測