M87中心核

「自慢のジェットで 敵を討つ」

のジェットが出ていることで知られているM87銀河。ウルトラマンの故郷はここにしたかったそうですが、勘違いでM78になってしまったという経緯があるとかないとか。

ともかく、この銀河の中心核にはブラックホールとその周囲に降着円盤があることが知られていました。これは1990年代にはハッブル宇宙望遠鏡で撮影が行われています。ですが、中心核の、そのまた中心を拡大するところまでは行っていませんでした。

昨日の発表は、解像度を上げやすい電波望遠鏡を利用しての撮影でした。そしてそれがこれまで理論計算で作成されてきたブラックホールの想像イメージとよく似ていたので、研究者も大騒ぎをしていたわけです。確かに、私も学生時代はこのイメージ作成をやっていましたので、

「よくここまで写ったなぁ」

と感心しました。これからはこの画像がいろんなところで使われるようになるんだろうなぁ。というか、次の大阪市立科学館友の会例会で「解説をお願いします」とか言われそうだ。

今月の歩数:110,952歩
今日の体重:73.3kg

「ふゆびより」「17才」

この週末に購入した2曲です。

「ふゆびより」は「ゆるきゃんΔ」のエンディングテーマ曲です。個人的にはめちゃくちゃ癒されます。そして、プラネタリウムではこれで日没させると、冬にあう演出ができますね。でも歌詞の中に「朝日が昇る」ってのがあるのがちょっとなぁ…一応、キャンプで夜に語り明かそうみたいな部分もあるんだけどねぇ。もしかしたら日の出でもOKかも。

そしてもう1曲の「17才」は「色づく世界の明日から」のオープニングテーマ曲です。こちらは確実に夜明けのテーマですね。これ、いいなぁ…今日はエンドレスで聴いていました。明日からもしばらくはヘビーローテーションかも。

 

今月の歩数:124,815歩
今日の体重:72.8kg

蛍光タンパク質「Gamillus」

この間の「ガリレオX」で紹介されていた、ハナガサクラゲ由来の蛍光タンパク質「Gamillus」。下村脩氏のノーベル賞受賞理由となった蛍光タンパク質「ATP」が主に中性でないと蛍光しないのに対し、「Gamillus」は強酸性でも蛍光するというのが特徴だそうです。

で、この「Gamillus」なんですが、「ガミラス」と発音します。なんか聞いたことありますよね。そうあの「宇宙戦艦ヤマト」に出て来た「ガミラス」です。開発者曰く

「酸性にも強くて緑色。宇宙戦艦ヤマトに出て来たガミラス星は、星全体の色が緑で強酸性の海を持っていたので、そこから名付けました」

とのことでした。相方曰く

「この、ヤマト世代はこれだから…」

ということでしたが、まぁ、命名なんてそんなもんだ。

ちなみにこの「Gamillus」、細胞を生きたまま顕微鏡で観察するのに使われています。資料が酸性でもOKなので、おそらく多くの実験で使用され、同じく数多くの論文にその名前が出ているものと思われます。

 

今月の歩数:100,123歩
今日の体重:73.0kg

大阪市立科学館友の会総会

本日、大阪市立科学館友の会の総会でした。これが終わると、あとは仕事絡みの総会と、高校の同窓会総会だけとなります。ようやくいろんな会が終わるのです。

今日の総会は、いつも特別講演会があります。今回は重力波をテーマに、京都大学基礎物理学研究所の木内准教授にお話しをしていただきました。重力波の発生から、観測について。そしてブラックホール同士、中性子星同士で、どの様な違いが生まれるのかなど、いろんな話が聴けて良かったです。まぁ、あとで会員さんからの質問に答えられる範囲で答えるというおまけは、いつも通りついて回ったのですけど。

いずれにせよ、こちらが準備しなければいけない総会はこれで終わり。あとは参加するだけのものですので、なんとか一区切りつきました。あー、明日はゆっくり寝よう。

 

今月の歩数:136,230歩
今日の体重:73.0kg

琵琶湖の蜃気楼

本日、滋賀県大津市は良く晴れました。そして風もそんなに強くなく…まさに蜃気楼日和!ということで、午前中から相方と一緒に自転車で琵琶湖岸へ行って来ました。

まずは膳所城址公園へ。ここから近江大橋の下をすかして対岸を見れば、蜃気楼が出ているかどうかを簡単に判定…できないなぁ…。黄砂の影響なのか春霞なのか、やたらと視界が白い!白すぎる!対岸がほとんど見えないんですけど…この調子だと、琵琶湖大橋が見えるかどうかもあやしいなぁ…

と思いながら由美浜から大津港の方へ移動。時刻は11時頃。なんとなく琵琶湖大橋の変形が始まっているように見えるけど、まだ完全じゃ無い。そしてちょっと風が強くなってきたので、一旦、早い目の食事に。

食事後、12時半くらいから再度、大津港の辺りに移動し、琵琶湖大橋を見てみると…

 

 

 

 

 

 

ちゃんと出てるよ!琵琶湖大橋がZ字型に変形していました。これですよ、これ。視界は相変わらず白いし、船やヨットは多いし、目の前をウォーキングの人がひっきりなしに行き来するけど、何とか撮影できましたよ。

 

 

 

 

 

 

そして、遠くのヨットも大きく変形しています。なんか、びよーんと縦に伸びている風船?みたいなものが見えていますが、実はこれ、引き延ばされたヨットの帆です。琵琶湖大橋もものすごく高いところを通っている様に見えますし、橋脚も相当の高さがあるように見えますが、実際の高さの3倍くらいに引き延ばされています。写真の右端の方に、橋が2重になって見えているところがありますが、実は下の方が本来の高さで、上は蜃気楼です。まぁ、下も若干高さは変わっている可能性もありますが…

とりあえず、今年の初蜃気楼を撮影できましたので、ちょっと満足。あとはGW中にもう一回くらいは見てみたいですね。

 

今月の歩数:159,066歩
今日の体重:未計測